医師の転職、成功例と失敗例

転職活動を甘く見てはいけない

医師といっても転職は容易ではありません。納得の行く転職先を見つける事ができず妥協の末就職した所に満足いかず再度転職活動を行う場合も十分に考えられ、よく考えて行動した方が良いです。求人が一見高収入だったとしてもその他の労働環境が劣悪の場合は転職が失敗だとも言え、他方、求人が一見低収入だったとしてもその他の労働環境が良ければ転職は成功だと言えます。

再度求職活動を行わない様に始めから求職活動を分析して、必要であれば専門家に相談や転職サイトを利用する必要があります。焦ってしまい、満足できない病院等に就職してしまうと、時間・お金・キャリアの無駄になってしまいます。そうならない様な適正な転職活動が必要となります。

非常勤としての働き方もある

某有名高視聴率ドラマで注目されていますが医師のバイト(非常勤)と言うのが存在しますが、正規(常勤)での勤務をしない勤務体系がバイト(非常勤)になります。本来であれば正規で働いた方が良いかもしれませんが、焦って劣悪な労働環境で働いて時間・お金・キャリアを無駄にするのであれば、医師資格をいかしたバイトをしながら、正規の仕事を探すと言う方法も有ります。

医師のバイトの探し方は、紹介して貰う場合や転職サイトで探す方法と言うのがあります。採用の手順は場所によって異なりますが、面接を経て採用と言う流れが一般的です。紹介の場合は紹介して貰ってから面接と言う流れで、転職サイトの場合は転職サイトに登録して求人申し込みを行い面接と言う流れになります。